緑茶を飲んでインフルエンザ予防

インフルエンザの話題が多くなってきました。
北海道から始まり
関東から九州にまで広がっていくようです。

去年は、インフルエンザのワクチンの不足などもありましたが、
今年は、ワクチン接種も進んでいるようですが
何処で感染するかわかりません。
空気の乾燥している今、
家庭のインフルエンザ対策は、必要です。

インフルエンザの予防に関して、
今月1日に開催された「第31回日本臨床薬理学会」で発表されたのは
緑茶に含まれるカテキンとテアニンが
インフルエンザの発症を抑える効果があるそうです。

それは、静岡県立大薬学部の山田浩教授が
昨年11月から5カ月にわたり行った
東京都東村山市の老人ホーム「白十字ホーム」での臨床試験の報告です。

1日当たり
緑茶カテキン(378ミリグラム)と
テアニン(210ミリグラム)を含むカプセルと、
含まないものを成人男女200人に摂取。

その結果、緑茶成分を含む群のインフルエンザ発症率が4・1%(4人)
だったのに対し、含まない群は3倍を超える13・1%(13人)。

以前云われていたのは、緑茶のうがいで予防になるとされていました。
今回、緑茶カテキンがウイルスの周りに付くことで
細胞に感染するのを妨げるとのこと。

今回の試験は緑茶の飲用が
インフルエンザ予防に有効である可能性が示唆されました。

通常の緑茶100ミリリットルには
カテキンが80〜120ミリグラム、
テアニンは20〜40ミリグラム含まれています。
一日に緑茶を500ミリリットル程度飲めば十分とのこと。

毎日、緑茶を飲んでインフルエンザ予防したいですね。





posted by mama at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルシーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷え性の人は温活

冷え込みが厳しくなってきました。
冷たい北風に、冷え性の私はいろいろ工夫をしています。

この前のテレビで
「温活」という聞きなれない言葉を耳にしました。
「体を温める活動」という意味を込めた造語が「温活」だとか。
女性は、足や腰の冷え症に悩まされている人が多くいます。
そんな女性の味方のような「温活」というのはどんなものなのでしょうか?

「温活」を提唱するのは、
医師ら専門家や花王などの企業でつくる
「血めぐり研究会」
(川嶋朗・東京女子医大付属青山自然医療研究所クリニック所長)。
07年9月の発足です。

「血めぐり研究会」の発足以来、
全身の血のめぐりをよくして、
体調を整えるための情報を発信してきました。

今年10月に公式サイト(http://chimeguri.com/)を開設されました。

冬本番を迎える今の時期の「温活」は、
入浴が一番効果的だそうです。

入浴方法は
「38〜40度のちょっとぬるめにゆっくり入って」と勧めています。
身体の中まで、温まるのがいいそうです。

温泉などでも、暑いお風呂を好む人が多くいますが
お湯の温度を42度より高めにしてしまうと、
かえって血管が収縮してしまうため
体の中までは温まりにくくなります。
折角入浴したのに、かえって足が冷えてしまうそうです。

ちょっともの足りないと思いますが
ぬるめの温度で、ゆっくり身体を「温活」したいですね。




posted by mama at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルシーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨の日の歩数


暑い日が何時まで続くのかと思ったら
お彼岸まででした。
そして、きっちり秋雨前線がやってきました。

今までの晴れの日ばかりではなく
雨の日が続きました。

晴れの日は、買い物もちょっと歩いてみる。
そして、やっぱり外へ出る機会も多いです。

雨の日は、家の中から出にくい。
どうかすると、テレビの前から離れない
雨の日の生活。

運動を考えなくてはいけない年になって
ウォーキングが一番出来る運動だと
歩数計を購入して
今は、どこに行くのにもつけています。

いつもつけているものですから
Gパンにつけた、歩数計を
洗濯機で洗ってしまっても、
何事もなくうごいている優れ物。




昨日の雨の日の歩数は、
1573歩でした。
何ともすくない数字。

晴れたら、雨の日の分も挽回して
一万歩目標達成するために
歩きまわらなくっちゃと思っています。


オムロン(OMRON) 歩数計 Walking style HJ-302-K ブラック





posted by mama at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルシーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バッグの中の賢い歩数計

メタボチックの身体に気を使う年代の私にとって
運動はやらなくてはいけないと自分を追いこんでみるが
なかなか、長続きしません。

そんな悩みに、友人の一言は
「先ずは、ウォーキングからやってみれば?」と。

そして、ちょっと伸びきったウエストには
歩数計はつけられないから
今は、バッグの中に入れても
きちんと歩数を測ってくれる歩数計があるとのこと。

バッグの中に入れてバッグを振り回しただけで
歩数がぐんと多くなってしまうかもしれないし、
歩いているのがわかんないのではないかと…
色々の心配ごとが頭の中でくるくる回る。

そんな心配を口にだしたら
今の歩数計は、ちょっと賢いらしい。
以前の歩数計とは格段に使いやすいとのこと。

きちんと歩いていると一歩とカウントする。
しかし、ウロウロしていたりただぼんやり歩いたりの時は
一歩とカウントされないんだとか。

だからずっと付けていても
お店でだらだら商品を見ていたりする時はカウントなし。
考えている以上に、うまく作動するものらしい。

オムロン(OMRON) 歩数計 Walking style HJ-302-K ブラック



毎日の生活の中で、
運動といってもなかなかできない。


バッグに歩数計を突っ込んで、
ちょっと遠くまでの
買い物ウォーキングならば
出来そうかなと…






posted by mama at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルシーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高齢者に増加中の帯状疱疹後神経痛


暑い夏、
特に今年の夏は暑くて
その暑さから、疲労もたまりやすくなっています。
疲労がたまると罹りやすい病気もあります。

夏のこの時期に、患者数が多くなるという帯状疱疹(たいじょうほうしん)。
日本人の6〜7人に1人がかかると言われています。

水痘・帯状疱疹ウィルスは、幼児期に水痘(みずぼうそう)として発症します。
このウィルスが神経節に残り、
成人になって帯状疱疹として発症します。

最初は、皮膚が刺すような痛みやヒリヒリしたような感じが
数日〜1週間ぐらい続きます。
その後、痛いところに赤いブツブツ(発疹)がみられます。
そこが水ぶくれになる時もあります。

水痘(みずぼうそう)は全身に広がりますが、
帯状疱疹は知覚神経に沿って症状が表れるのが特徴になっています。
特に背中や腹、顔や首などが出やすいようです。

神経節で眠っていたウィルスは増殖しながら
神経を通って皮膚表面に向かっていきます。
その為、痛みを感じるのはウイルスが神経を刺激して起こします。
その痛みは、個人差もあり
夜も眠れないほどの激痛を感じる人もいれば、
軽い痒み程度の人もいます。

その後、皮膚の発疹や水ぶくれはかさぶたになり、痛みも消えます。
しかし、皮膚症状が治っても一部には痛みが続く人がいます。
これは帯状疱疹後神経痛と呼ばれ、数年続く人もいます。

60代以上の発症者の4人に1人は発疹(ほっしん)が治っても、
痛みが長い期間残る帯状疱疹後神経痛になるといわれています。
高齢化とともに帯状疱疹後神経痛発症率は増加傾向です。
発症を防ぐためには、早期治療が大切です。

まだまだ暑い日が続く様です。
日頃の疲れを残さないようにするのが一番です。





posted by mama at 01:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | ヘルシーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。