Skypeで話せますか?

東北地方太平洋沖地震が発生した週の
インターネット利用動向調査「NetView」が発表されました。
ニールセン・ネットレイティングス提供です。

東北地方太平洋沖地震が発生した時は
停電となり
やがて、闇夜となり
ろうそくの灯りで、ラジオを聞き
携帯で家族の安否を確認していました。

携帯電話は、通じたり通じなかったりしている時に
Skypeを使っての通話は出来たそうです。
そして、その利用は
普段の時にくらべて、7倍の利用者があったそうです。

Skypeは、直ぐに使えると言っても
ダウンロードしたアプリケーションを、
パソコンにインストールしなくてはなりません。
そして、初めて使える状態になります。

そして、相手のパソコンもSkypeのアプリケーションが
インストールされてなくてはいけません。

携帯電話や家庭の電話機から通信すれば料金がかかります。
Skype同志で話せば、料金はかかりません。

パソコンが近くにあれば
受話器を取るより
パソコンにつないだレシーバーで
Skype使って話が出来ます。

もしもの時に備えて
友人同士や親戚同士で、Skypeの使い方に
慣れておきたいものだと思います。

posted by mama at 23:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うんうん
非常の通信手段の1つとして
拡がるといいですね
Posted by キヨ at 2011年04月09日 04:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
FX
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。