緑茶を飲んでインフルエンザ予防

インフルエンザの話題が多くなってきました。
北海道から始まり
関東から九州にまで広がっていくようです。

去年は、インフルエンザのワクチンの不足などもありましたが、
今年は、ワクチン接種も進んでいるようですが
何処で感染するかわかりません。
空気の乾燥している今、
家庭のインフルエンザ対策は、必要です。

インフルエンザの予防に関して、
今月1日に開催された「第31回日本臨床薬理学会」で発表されたのは
緑茶に含まれるカテキンとテアニンが
インフルエンザの発症を抑える効果があるそうです。

それは、静岡県立大薬学部の山田浩教授が
昨年11月から5カ月にわたり行った
東京都東村山市の老人ホーム「白十字ホーム」での臨床試験の報告です。

1日当たり
緑茶カテキン(378ミリグラム)と
テアニン(210ミリグラム)を含むカプセルと、
含まないものを成人男女200人に摂取。

その結果、緑茶成分を含む群のインフルエンザ発症率が4・1%(4人)
だったのに対し、含まない群は3倍を超える13・1%(13人)。

以前云われていたのは、緑茶のうがいで予防になるとされていました。
今回、緑茶カテキンがウイルスの周りに付くことで
細胞に感染するのを妨げるとのこと。

今回の試験は緑茶の飲用が
インフルエンザ予防に有効である可能性が示唆されました。

通常の緑茶100ミリリットルには
カテキンが80〜120ミリグラム、
テアニンは20〜40ミリグラム含まれています。
一日に緑茶を500ミリリットル程度飲めば十分とのこと。

毎日、緑茶を飲んでインフルエンザ予防したいですね。





posted by mama at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルシーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174477339
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
FX
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。